« 交差点の植込 | トップページ | flickerで見たすごいヤツ(2) »

2006年9月16日 (土)

RawShooter essentials 2006 日本語化パッチ

RawShooterに関するメモ。めったに使わないWindowsマシンにインストールしてみたけど、メニューが英語なので(Macなら英語でも使う)もうすでに使用頻度がゼロに近い予感が……。
と、そんな折、RowShooter日本語化パッチを配布しているサイトを発見。詳細は以下の通り。

Pixmantec RawShooter essentials 2006 日本語化パッチ特設ページ

RawShooter essentialsを日本語化するパッチ(最終アップデートは9月11日)がダウンロードできます。また、外部(デジカメワークス)へのリンクですが、RawShooterの使い方、その他の現像ソフトとの比較も見ることができます。

|

« 交差点の植込 | トップページ | flickerで見たすごいヤツ(2) »

コメント

日本語化も使い方の解説もバッチリですよね。
Rawshooterはとてもすばらしい!。
さすがAdobeも抜け目ないなぁと思いました。
IntelMacならParallelsでRawshooterもいける?。

けれど残念ながらCASIOのRawファイルには
未対応で認識してくれませんでした。
Exilim EX-P600/700を愛用しているのすが...

投稿: hagi | 2006年9月16日 (土) 01時02分

RawShooter、まだまだこれから使い込んでみないとなんとも言えない状況ですが、やっぱりちょっとLightroomと似てますね。
そのほか最近カメラマンの間で評判がいいCapture Oneというソフトも気になります。

投稿: 波平 | 2006年9月16日 (土) 10時37分

波平たちが、マシンやマシンとか大きいマシンとか使わない
マシンをメモしたかった。

投稿: BlogPetのamigo | 2006年9月16日 (土) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121450/11912399

この記事へのトラックバック一覧です: RawShooter essentials 2006 日本語化パッチ:

« 交差点の植込 | トップページ | flickerで見たすごいヤツ(2) »